コンブチャクレンズの副作用が気になる!

 

安心してコンブチャクレンズを飲むために知っておきたいのが「副作用」です。

 

この「キーワード」検索している人が多いので、気になっている方も少なくないのではないでしょうか!

 

というのも、コンブチャクレンズで使用しているコンブチャには副作用が確認されているからです。

 

コンブチャの別名は紅茶キノコです。

 

1950年代にはすでに流行っており、家庭で発酵させて作っている方も多くいたようです。

 

この時代、コンブチャを飲んで体調を崩したという事例があったため、コンブチャクレンズの副作用を心配している方が多いのかもしれません。

 

しかし、あくまでコンブチャですので、コンブチャクレンズに問題ありません。

 

ちなみに、家庭で発酵させたコンブチャは発酵過程や温度管理、衛生管理などがきちんとできていなかったことが原因のようです。

 

ですから、正しい方法で管理できていれば家庭で発酵させたコンブチャでも安心して飲むことができるでしょう。

 

本題に戻りますが、コンブチャクレンズは赤ちゃんでも飲めるので、安全性の高い飲み物と言えるでしょう!

 

そのため、小さなお子さんと一緒に飲んでいるママさんもいます。

 

もし問題点があれば、当然赤ちゃんは飲むことができませんね。

 

妊娠中や授乳中でも飲めるといわれているので、安心できそうです!

 

しかし、相性はあります。

 

どんなに安全性の高いモノでも、体に合わなければアレルギーをはじめとしたトラブルが現われる可能性があるかもしれません。

 

万が一の場合、ただちに使用をストップしてください。

 

開栓後は必ず冷蔵庫に入れ、半年以内に飲み切るようにしましょう。

 

高温・低温・直射日光は品質を下げてしまう恐れがありますので、取り扱いにも注意してください。

 

コンブチャは家庭でも作ることができます。

作り方はクックパッドなどにも掲載されていますが、必要な材料は5つ。

 

種菌(SCOBY)・上白糖80g・紅茶2袋・沸騰させた水1000ml・紅茶キノコ液100〜200mlを用意します。

 

保存用のガラス瓶の容器も準備しておきましょう。

 

種菌は、通販やオークションなどで手に入れることができます。

 

容器を熱湯消毒したら、やかんで紅茶を作ります。

 

このとき上白糖も入れ、20〜30度になるまで放置します。

 

容器に紅茶と紅茶キノコ液(紅茶の1〜2割)を注いだら、最後に種菌を入れて発酵させましょう。

 

容器の口は、布やキッチンペーパーなどで覆い、輪ゴムで止めておくようにしてください。

 

10日程度放置したら、種菌の1〜2割のコンブチャを、砂糖入り紅茶を入れたガラス瓶へ移し、冷蔵庫で保管します。

 

※この場合は、副作用の事例がありますので、作る際は十分注意しましょう。

 

 

 

TOPページではコンブチャクレンズについて案内しています。コンブチャクレンズの効果・口コミまとめ・amazon・楽天・yahoo・メルカリ・公式販売店の比較・最安値での購入方法などお得な情報を掲載しています。購入前の疑問にわずかでもお力になれれば幸いです。